身長UPサプリ選びは慎重に【健やか元気なパワフルキッズになろう】

黒い錠剤

心筋梗塞と脳梗塞

スムージー

どちらも恐ろしい病気です

私たちが日頃から注意しなければならない病気に、心筋梗塞と脳梗塞があります。そして、これらはどちらも恐ろしい病気です。心筋梗塞というのは、心臓の冠状動脈に血栓ができたり、また血栓のかけらが詰まって起こります。心筋梗塞が起こると、心臓の筋肉が壊死を起こして、心不全となり死亡してしまうことがあります。また、脳梗塞の場合でも同じく、脳の動脈が詰まって脳組織が壊死を起こしてしまうのです。脳梗塞の場合は、脳の壊死した場所によって麻痺する場所が異なり、やはり壊死した場所が悪ければ死亡してしまうこともあるのです。それでは、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす血栓はどうしてできるのでしょうか。それには動脈硬化が大きく関係していると言われています。

動脈硬化はなぜ起こるのか

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす大きな誘因とされる動脈硬化は、なぜ起こるのでしょうか。それには、血液中のコレステロールが関係していると言われています。特に、LDLコレステロールという悪玉コレステロールの量が増えると動脈硬化になる危険性が高まるのです。さらに、血液の流れが悪いと血栓ができやすくなるのです。ですから、心筋梗塞や脳梗塞を予防するには、動脈硬化を予防する必要が出てきます。動脈硬化を予防するには、悪玉コレステロールを減少させたり、血液をサラサラにする成分を含んだ食品やサプリメントが効果的だと言われています。そして、動脈硬化を予防する効果が期待される多種のサプリメントが市販されるようになりました。